相続税申告を税理士へ依頼するのはなぜでしょうか

相続の相談実績6万6千件超(令和元年8月現在)全国40支部超の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

8月「相続の無料相談の実施日」
8/1(木)4(日)6(火)8(木)15(木)16(金)20(火)23(金)29(木)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


相続税を税理士に依頼するメリット

申告まではしたけれど・・・

前回のページで、
相続税の申告は自分でもできるとお伝えしました。

 

ただし、問題はそのあとなんです!

 

税務署は、
>提出された申告書の審査を必ず行います。

 

とりわけ、
税理士が作成していない申告書は誤りが多いのが常なため、
それはもう、
>必要以上にこまか〜いチェックが入ると思っていただいていいでしょう。

 

土地の評価方法はもちろん、
領収証一枚の使い道でさえ疑問があると問い合わせがきます。

 

そうして誤りが発覚した場合、果たしてどうなるのでしょうか?

もし、申告に間違いがあったら

もし、自分でした申告に間違いがあったら、
はじめに納めたものに、
追加で税金をはらうことになります。

 

恐ろしいのは、その時点で申告期限を過ぎてしまっている場合です。
延滞税や過少申告加算税という、重税が課されることに・・・。

 

「わざとじゃないのに!」
と、悔しさをにじませたところで、
税務署の方は気の毒そうな顔はしてくれても、
税金を軽くはしてくれません。

 

よってそのようなことになれば、
「税理士費用が浮いた」と得した気分でいたものが、
逆に、税理士費用以上の税金を払うことになりかねません。

 

つまり税理士に依頼することで、
・10か月という申告期限内で
・正確な申告と納税が<
できるというわけなのです。

相続専門の税理士さんに依頼すると、こんなメリットも

また、ご自身で申告して特に税務調査が入らなくても、
実は大損している可能性が!

 

土地の評価などは、
方法によっては大きく節税できる部分です。

 

しかし知らなければ、
払わなくてもよい税金を納めることになるでしょう。

 

そのノウハウを持つのも税理士なのです。
税理士が作成することで、
大きな節税効果を生む方もたくさんいらっしゃるんですよ。

 

ちなみに相続税を下げられることを知らずに申告しても、
税務署は、
「税金、多かったですよ」
と自動的に返金はしてくれません。

 

これらの理由から、税理士に依頼する方が大半なのですね。

 

もしもご自分でトライしてみて、
やっぱり難しいかもとお思いになられましたら、
相続専門の税理士さんに相談してみてくださいね。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU