相続した不動産の売り方について相続手続支援センターが専門家と対談

相続の相談実績5万9千件超(平成30年10月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

10月「相続の無料相談の実施日」
10/6(土) 10(水) 13(土)16(火) 17(水) 19(金) 25(木) 26(金) 30(火)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 各界のプロと相続について対談 > 不動産の仲介業の方と対談

相続した不動産を売却するときのポイントなど

対談者
有限会社ヤマカプランニング・代表取締役 粕谷守克さま(以下、「粕谷社長」)
相続手続支援センター横浜駅前・川崎駅前 佐藤絵里子(以下、「佐藤」)

不動産屋さんの選び方について

佐藤:
お客さまから、
『不動産を売りたい時、どの不動産屋さんに声をかけたら有利ですか』
と聞かれることがあります。
不動産屋さんを選ぶポイントを教えていただけますか?
お答えづらいでしょうけど。

 

粕谷社長:
僕が思うに、大手の不動産屋はきちっとした仕事をしますね。
情報量も多いと思います。
ただ、不動産の仲介は、マンパワーによるところがすごく大きいですから、
担当者がどこまでお客様のことを考えて親身になってできるかどうかが大事です。
結局は、大手さんや中小規模 に限らず、担当者の「人」だと 思いますね。

佐藤:
なるほど。
不動産屋さんって営業ノルマがあって、
『売ることを急かされる』
なんてケースもあるのかななんて、
思ったりもするんですけど(ごめんなさい!)そんなこともあるのでしょうか?

 

粕谷社長:
まぁ、世間ではそういうこともあるとは聞きますね。
そうなると、急ぐあまりに、本当に良い金額で売れない、
ということになりかねませんね。

 

つまり、
いい値段を待つよりも早く決着できる価格で折り合ってしまうということです。
不動産を売るというには、誰しも理由がありますよね。
家を売って老人ホームに入りたいとか、
住む人がいなくて管理ができないから手放そうとか。

 

その方のご事情がどうかということをきちんと伺うことが大切ですね。
例えば、借金で売らなくちゃいけない方は、
価格よりもスピードが大事になります。
その一方で、
長い目でいい値段で売りたいというご事情の方もいるわけですから。

佐藤:
価格やスピードなど、
お客さまに合った優先順位をしっかり聞き取って進めることが大切なんですね。
だから、担当する「人」がものをいう世界なんですね。

 

粕谷社長:
そうですね。
担当者にどれぐらい知識があるかということも関係します。
大手さんはネットワークが大きいですから、
知識や情報量が多い場合もありますね。

 

佐藤:
うーん。
とは言え、不動産を売ることって一生に何度もあるわけじゃないから、
どの不動産屋さんがいいかって、
分からないのが現実かもしれませんね。

 

粕谷社長:
はい、一般の方々にとって、
正しく不動産屋を選ぶって難しいと思いますよ(笑)

 

一つ言えることは、なんだかんだ言っても地元の不動産屋が、
地元のことを一番知っているということですね。
まず地元の不動産屋に話だけ聞いてみるのもいいかもしれないですね。

自宅で亡くなった場合、 不動産価格に影響があるの?

佐藤:
自宅で亡くなった物件、いわゆる事故物件というのは、
売る際に条件が悪くなると聞きます。
事件や自殺じゃなく、
ご自宅で病気で亡くなられた場合でも、
事故物件になるのでしょうか?

 

粕谷社長:
正確に言うと、病死の場合は「事故物件」という言葉ではなく、
「告知事項がある」という言い方をします。
昔、日本人は、
病院じゃなくてお家で亡くなるのが一般的でしたよね。

 

だから、
「人が亡くなった場所」というのを全く気にしない人も、
少なからずいます。
ただ、
「その場所で人が亡くなっていると知ってたら、この物件を買わなかった」
と思われる方もいるので、
売主さんに伝えるようにしています。

 

佐藤:
それは、義務なのでしょうか?

 

粕谷社長:
はい。宅建業法で「告知事項」として定められています。

「どんな小さなことでも、知っていることはすべて伝えなさい」
というのが原則です。

 

佐藤:
売り主さんの立場だと、そういった告知事項が、
売る値段にどれだけ影響するかが気になると思います。
自宅で亡くなった場合、どのくらいの影響が出てくるんですか。

 

粕谷社長:
病死の場合だと、
通常の価格からの値下がりは1割位に留まることが少なくないですね。
ただ、病死といっても、いわゆる孤独死で、
数ヶ月気付いてもらえず腐敗してしまったとなると、話は別ですね。

 

半値ぐらいになってしまったり、
価格に関わらず買い手がつかないことも珍しくありません。

 

佐藤:
戸建ての場合、
その建物を取り壊したとしても、状況は同じですか。

 

粕谷社長:
はい、たとえ建物を取り壊しても、
告知事項に変わりはありません。

 

佐藤:
孤独死というのは、
亡くなった方にとっても遺された方にとっても、
お辛い状況になってしまいますね。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU