死因贈与/専門用語を相続手続支援センター川崎駅前が説明します

相続の相談実績6万6千件超(令和元年8月現在)全国40支部超の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

10月「相続の無料相談の実施日」
10/6(日)10(木)11(金)17(木)18(金)21(月)25(金)27(土)29(火)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 専門単語の解説集 > 死因贈与とは

死因贈与とは

口約束であっても成立はしますが、後々トラブルが発生しないためにも、
書面で残しておいた方がいいでしょう。

 

人がなくなった時点から、相続の義務が法定相続人にかかってきます。
資産がなくても、相続は誰にも関係することで、借金などの負債もあれば、
それも相続することになります。

 

遺産相続は一般的に、法定相続人が法律で決められた相続順位や、
分配率に基づいて相続されますが、遺言があった場合は、
それに書かれた内容に従って相続される遺贈があります。

 

その他に、被相続人が生前に相続人と相続内容の取り決めをしていて、
死亡した時点から、その合意した内容で贈与される、死因贈与があります。

 

死因贈与と遺贈と大きく違う点は、
贈与側と受け取る側の合意による契約の死因贈与に対して、
遺言は贈与側が勝手に相続内容を決め、
民法で定められた遺言相続として従わなければなりません。

 

合意契約の死因贈与は、書面があっても、自由に撤回することができます。
履行前であれば撤回や変更することは可能です。
遺言書も、贈与側が生前中なら、何度も書き直すことはできます。
ただし、贈与者に何らかの義務や負担を課すことを
条件にしている死因贈与契約の場合は、 撤回が認められないケースもあります。

 

どんな方法にしても、相続は法定相続人同士で争いが起きることもありますので、
トラブルが起きないように、生前中に対策を考えておいた方がいいでしょう。

関連する参考用語

遺贈とは

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU