スマートフォン解析

相続関連の辞書を作成した、相談無料で有名な相続手続支援センター川崎駅前

相続の相談実績4万5千件超(平成27年1月現在)全国48支部の日本最大級の相続組織だから安心

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 専門単語の解説集

専門単語の解説集

|な||ま||ら|わ|
あ行

遺言者

遺言を書く人のこと。

 

遺言執行者

遺言に書かれた内容を実現する人。

遺産の分配手続などを行います。

 

遺産目録

亡くなられた方が遺された、遺産の目録です。

遺産の種類、その価値などをまとめます。

 

遺産分割協議

被相続人の遺した遺産について、相続人全員で、だれが、どの財産を、
どのように相続するかを話し合うこと。

相続人全員がそろわず行われた遺産分割協議は、無効です。

 

遺産分割協議書
遺産分割協議によって相続人全員が合意した内容を、書面にまとめたもののこと。

 

遺贈

遺言で、自分の財産を贈与すること。

遺贈する相手は相続以外でもかまいません。

長男の妻、(子どもがいる方で)兄弟姉妹、各種団体等に遺贈できます。

 

一身専属権

被相続人の持つ権利の内、相続の対象とするのが妥当ではなく、

被相続人だけに帰属させるべき権利のことを指します。

 

遺留分

一定の相続人に最低限確保されている相続分の割合のことです。

相続人の生活の保護をその目的としています。

たとえば、夫がその遺産を家族以外の方にすべて遺言で譲ってしまうと、

遺された妻とその子の生活に支障が出てしまうことがあります。

▲ ページの先頭へ

か行

家庭裁判所

家庭に関する事件などを扱う裁判所のこと。

相続に関することですと、

遺産分割協議調停、相続放棄、遺言の検認などを扱っています。

 

換価分割

遺産を現金に替えたのち、それを相続人で分ける遺産分割のこと。

たとえば、遺産が不動産で、どなたもその不動産を利用しない場合、

換価分割を行うことがあります。

 

寄与者

被相続人の生前に、その人の財産を維持するために出資するか、増加させるのに貢献した人のこと。

 

寄与制度

寄与者(上を参照)対して、寄与分を考慮して相続分を決める制度のこと。

寄与者の相続分を法定相続分どおりにすると、他の相続人と不公平が生じてしまう場合に、

寄与者の相続分寄与の度合いに応じで増やします。

 

現物分割

遺産をその物の状態のまま、相続人で遺産分割する方法のこと。

たとえば、不動産を不動産のまま、ゴルフ会員権をそのまま換金せずに分けること。

 

権利証

遺産をその物の状態のまま、相続人で遺産分割する方法のこと。

たとえば、不動産を不動産のまま、ゴルフ会員権をそのまま換金せずに分けること。

 

限定承認

相続財産のプラスの範囲で借金等のマイナスの財産も相続するという制度のこと。

 

公証人

ある事実の存在することについて、また、契約等の行為が法律に基づいて行われたことについて、
だれに対しても証明できるよう、認証する公務員のこと。

法務大臣が公証人を任命し、公証人は公証役場に勤務しています。

認証する文章として、遺言、会社の定款、離婚の際の取り決めなどがあります。

 

公証役場

公証人が働いている場所のこと。

 

公正証書遺言

公証人によって作成された遺言のこと。

 

戸籍謄本

戸籍簿の全部の写しのこと。

 

戸籍抄本

戸籍簿の一部の写しのこと。

 

戸籍事項全部証明書

戸籍謄本と同じく戸籍に載っている情報の全部の写しのこと。

戸籍がコンピューターで管理されている自治体の場合、このような呼び方をします。

 

戸籍事項一部証明書

戸籍謄本と同じく戸籍に載っている情報の一部の写しのこと。

戸籍がコンピューターで管理されている自治体の場合、このような呼び方をします。

▲ ページの先頭へ

さ行

除籍
戸籍簿に載っていた人が離姻、死亡などにより戸籍から抜けること。

 

除籍謄本

その戸籍に入っていた方が全員除籍になり、だれもいなくなった戸籍のこと。

 

自筆証書遺言

遺言を残す方が、自分の手書で残した遺言のこと。

 

熟慮期間

法律で認められている、この期間に財産を相続するか、しないかを考えられる期間のこと。
相続があったことを知ったときから3ヶ月とされています。 

 

生前贈与

生きている内に、自分の財産を相続人になるであろう人や、第三者に贈与すること。

いわゆる「贈与」のことなのですが、

相続による財産の移転や、遺言による財産の贈与と対比する場合に使う用語。

 

全血兄弟

父と母、両方を同じくする兄弟のこと。対義語:半血兄弟。

 

相続

被相続人の、法律的地位、権利、義務を受け継ぐこと。

 

相続関係説明図

被相続人と、その相続人らの家族関係図。氏名、続柄、出生日、死亡日、住所などが通常記載される。

 

相続欠格

相続人になる資格を、被相続人と意思と無関係に失う法律上の制度のこと。

相続欠格に該当する事由として、「早く遺産を相続したいがために、親を殺害する」
「自分の相続分を増やすために、兄弟を殺害する」などがあります。

 

相続財産

相続の対象となる財産のこと。

 

相続人

亡くなった方の法律上の地位、権利・義務を受け継ぐ人のこと。対義語:被相続人。

 

相続人の廃除

本来、相続人になる人を、相続人ではなくす手続。

たとえば、親が、自分が亡くなったら相続人になるはずの子を、

この手続をとることで、自分が亡くなっても相続人ではないようにすることができます。

 

本来相続人になる立場の人から、重大な侮辱があった時などにとることのできる手続で、

家庭裁判所の許可を要する。

 

相続分

相続人が複数人いる場合の、各相続人の遺産に対する相続する割合のこと。

 

相続放棄

「相続に直面した、はじめから相続人でなかった」ことを認めてもらう手続のこと。

家庭裁判所に申し出する必要がある。

▲ ページの先頭へ

た行

代襲相続(人)

相続人となるはずだった人が、被相続人の死亡以前にすでに亡くなっていた場合、その方の子が相続すること。

 

たとえば、父が亡くなる前に、長男が先に亡くなっていた場合、父が亡くなると、長男の子(父から見ると孫)が父を代襲相続する。

 

(以下、孫から見て記載する)

 

生きていれば祖父母の相続人であったはずの親は、祖父母遺産を相続していたはずで、その親が亡くなった時、子である自分は祖父母の財産承継する立場である。

 

親が、祖父母よりも先に亡くなっていたからという理由で、代々の不動産を承継できないのは不条理である。

 

こういったことから、代襲相続という制度がもうけられている。

 

単純承認

熟慮期間の間に一定の手続きをとらなければ、

プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続したことになります。
その行為のことです。

 

嫡出子

婚姻関係にある夫婦の間に生まれた子のこと。

 

登記識別情報通知

不動産の権利取得者に発行される、情報のこと。

 

従前の法律でいうところの、権利証と類似するが、

書面であるか情報(記号)であるかが異なる。

 

登記簿謄本

法務局にて管理されている、不動産の権利関係が記載された帳簿の写しのこと。

現在では帳簿が紙による管理から、

コンピューターによる管理に移行し、

これに伴い、全部事項証明書や一部事項証明書と呼ばれている。

 

同時死亡推定

複数人が死亡した場合、その原因が災害や交通事故による即死ですと、

死亡の前後を証明できません。

この場合に同時に複数が死亡したものと推定することです。

 

登録免許税

不動産の登記の際に納める税金のこと。

 

特別失踪

次の理由で生死不明の方を、法律上死亡していることにする手続。

「戦争に参加した」「沈没した船に乗っていた」「地震、津波などの天災に見舞われた」

家庭裁判所に請求して手続します。

 

特別受益者

生前に被相続人から婚姻費用や事業資金等を特別にもらった人のこと。

 

特別受益制度

相続人のうち、被相続人から生前、婚姻の費用や事業のための資金を出してもらった者は、

今現在ある財産を法定相続分どおりに分けると、他の相続人と不平等が生じてしまいます。

そこで、生前に財産を受けた者の相続分を減らし、他の相続人との公平を図ることをいいます。

 

特別代理人

相続人のうち、被相続人から生前、婚姻の費用や事業のための資金を出してもらった者は、

それを考慮して相続分を計算する制度です。

具体的には、生前もらった財産を遺産に加えたものを、相続財産にします。
これを法定相続分で分け、生前にもらった分を差し引いた分を相続分とします。

例:特別受益額 500万円  遺産1300万円 
相続財産1800万円(500+1300)
相続人3人ならば、一人の法定相続分は600万円
ただし、特別受益者は、600万円の内すでに500万円を受け取っているので、
100万円が相続分となる。

他の相続人との公平を図るための制度です。

 

特別養子縁組

実の親との親子関係が消滅する養子縁組のこと。
6歳未満の子、親になる者は結婚していて、25歳以上(夫婦の片方は20歳以上で可)
など条件がある。家庭裁判所の手続を要する。
実親子間での相続は発生しない。
対義語:普通養子

▲ ページの先頭へ

は行

半血兄弟

父母の一方を同じくする兄弟のこと。

 

非嫡出子

婚姻関係にない男女の間に生まれた子のこと。

 

被相続人

亡くなられ、相続をされる方のこと。

 

普通失踪

生死が7年間わからないときに、家庭裁判所に請求して、法律上死亡したことにする手続のこと。
親、妻、兄弟、債権者など、その方の生死に関し利害を有する関係者から請求できる。

 

普通養子縁組

養子縁組をして養親と養子の間に親子関係をつくること。

生みの親との親子関係と、養親との親子関係が、法律上両立します。

いずれの親の相続人にもなります。

 

不動産固定資産評価証明書 

固定資産税額を計算するために評価した、不動産の評価額の記載された書面のこと。
所有権移転登記の際に支払う登録免許税の計算にも使用します。

 

法定相続人

民法で定められた被相続人の地位を引き継ぐ人のこと。

 

法定相続分

法定相続人が複数いる場合の、各相続人の相続する割合のこと。

▲ ページの先頭へ

や行

養子

養子縁組によって子となった者のこと。法律によって、血のつながりがあるものとして扱われます。

簡単にいうと養子を迎えた人との実子と同じ扱いになります。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき月にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

0120-810-111

メール相談はこちらから

ページトップへ

MENU