祖父自慢の骨董品の、鑑定やいかに!?

少し前に、「名古屋の家庭には、骨董品が多い」
なんて記事を書きました。

実はわたしの祖父の家にも、
なにやらよくわからない骨董品がたくさんあります。

わたしの祖父は長男ではないので、
代々相続した骨董品というものはありません。

祖父が戦後、裸一貫で事業を始め、
余裕が出てから少しずつ、買いためた骨董品ばかりです。

祖父の骨董品コレクションの中には、
「西郷○盛の書」だとか、「東○平八郎の軸」だとか、
(もはや伏せ字にする意味もありませんね笑)
いやいや、絶対本物ではないでしょう!と
つっこみたくなるものもあります。

ずいぶん前の話ですが、
テレビ「なんでも鑑定団」に、
祖父が持っているものと同じ、
「西郷○盛の書」が出ていたことがありました。

鑑定結果は…ザンネン!偽物!
それを見ていたわたしたち家族の心は、
「ほらやっぱり〜、偽物が出回っているってことじゃん。
おじいちゃんのも間違いなく偽物ね。」

しかしなぜか、祖父だけご満悦の表情。
「うちにあるのが本物だから、他は偽物に決まっている!」
ときっぱり。
どひゃ〜、ここまできて、その自信!(笑)

さて、そんな祖父も高齢になり、
数々の骨董品を、将来相続したい人もいないということで、
祖父の意向で、すべてきれいに手放すことになりました。

目利きの業者さんに来ていただき、
出た金額は…
数ある骨董品ぜんぶひっくるめて、5500円!
あちゃ〜。

これまでいくらのお金をかけたのか、
もはや怖くて誰も祖父に聞けません(笑)
そしてこの結果を、
祖父にどう伝えればいいのでしょう(笑)

«
»
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。