相続した土地を売るときの注意点

さわやかな秋晴れですね!
空も風も、心地いい季節になってきました。

先日、某ハウスメーカーさん主催のセミナーの講師を勤めました。
テーマはずばり!
「自宅と空き家の得する売却・損する売却」

ここ数年で、
「相続した空き家を売りたいんだけど…」というご相談が、
格段に増えてきたように思います。

とはいえ、
「土地を売る」ということに慣れているという人なんて、
ほとんどいませんよね。
かくいうわたしも、
これまでの人生で、土地を売ったことなんてありません。

そうすると、
よくわからずに進めてしまって、
結果的に、
「本来売れるはずの値段よりも安い値段で売ってしまった気がする」
とか、
「当初思っていたより、お金が手元に残らなかった」

土地を売った後になって、
こんなことをいう方が、思いのほか多くいらっしゃいます。

こうなってしまうかどうかは、
土地を売るということの、「基本的な知識を知っているかどうか」にかかってきます。

当センター発行の季節通信でも、
土地の売り方の基本的なことについて、掲載しています。
ぜひご覧くださいませ。

«
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。