相続について各界の専門家との対談を川崎の相続手続支援センターが公開

相続の相談実績5万6千件超(平成29年10月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

11月「相続の無料相談の実施日」
11/3(金) 7(火) 7(土) 10(金) 11(土) 16(木) 17(金) 21(火) 26(日)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 各界のプロと相続について対談

各界のプロと相続について対談

みなさん、こんにちは!
このコーナーでは、
私 佐藤絵里子が、各業界の専門家と相続についてお話をします。
記念すべき第1回は、不動産のスペシャリスト
粕谷守克さまにお話を伺いました!

 

【対談者】
◇有限会社ヤマカプランニング・代表取締役 粕谷守克さま(以下、「粕谷社長」)
◇相続手続支援センター横浜駅前・川崎駅前 佐藤絵里子(以下、「佐藤」)

不動産業界における相続事情とは?

佐藤:
不動産と相続はかかわり深いものだと思います。
粕谷社長のもとに寄せられるご相談の中で、
相続が関わるものにはどんなものがありますか?

 

粕谷社長:
「遺産分割協議が整わないから不動産が売却できない」
というご相談ですね。
中でも、いわゆる『特別受益』についてのもめ事が、
最近増えているように感じます。

 

亡くなった親から、生前に長男はいくらもらっている、
長女はいくらもらっている、といって遺産分割協議がまとまらないパターンです。
実際に弁護士さんを立てられている方もいらっしゃいますね。 

佐藤:
「不動産を売りたくても遺産分けが進まないから売れない」
というご家庭は、以前より増えているという印象はありますか?

 

粕谷社長:
あります。 誰も使っていない不動産なのに、
遺産分割協議が整わないが故に、
長い間売れずにいる。
そうすると、その間の固定資産税や管理費という余計なコストもかかってしまいます。

 

佐藤:やはり、不動産をお持ちの方は、遺言という形で、
誰に引き継ぐかを決めておく必要がありますね。
私たちも相続の現場に立ち会っていて、それを痛感しています。
その他、どんなご相談がありますか?

 

粕谷社長:そうですね、不動産の評価についてのご相談も増えています。
最近、弁護士さんから、不動産の評価を出してくれという依頼が非常に多いんです。
不動産がいくらかということが原因で、相続人どうしが揉めているということですね。
弊社でも、依頼を受けて不動産評価を出すことがありますが、
弊社だけでなく他に何社かに評価を依頼されている場合が多いです。

 

自分に有利になるような評価を求めているということでしょう。 

佐藤:
相続人のうち、誰からの依頼かによって、
不動産の評価を高くしたい場合と、安くしたい場合があるということですよね。
例えば、実家の土地を長男が受け継ぐとして、その代わりに現金を次男に渡すのならば、
長男は不動産評価が低い方が良いわけですよね。

 

一方、次男は不動産の評価が高く出れば、もらえるお金が多くなる。
どの立場の人からの話かによって、
不動産屋さんが出してくる金額も変わってくるということがあるんでしょうか?

 

粕谷社長:
あるのが現状です。
他社さんが出した評価額を見て、
「自分が出した評価額とこんなに違う!」
とびっくりしてしまうこともあります。

 

こんな金額では絶対に売れないだろうと言いたくなるものも…(笑)
不動産の場合、同じものは二つとないので、
評価額を決めるということはとても難しいことです。

 

だからこそ、弊社では、客観的・合理的である価額を出すことを徹底しています。
そしてそれを依頼者様にもわかっていただけるよう、根拠となる資料作りをして、
「誰が見てもこれぐらいだね」
と思っていただけるような正当な評価額を提示するようにしています。

教えて!空家問題

佐藤:
次に、いわゆる「空き家問題」についてお聞かせいただきたいと思います。
「空き家にしておくと固定資産税が6倍に上がる」という内容は、
ニュースや新聞でも取り 上げられました。実際のところはどうなんでしょうか?

 

粕谷社長:
空き家にしたからといって、固定資産税がいきなり上がることはありません。
この制度は、
「本来、建物が建っている土地は、
更地に比べて固定資産税が安く計算されているけれど、空き家にしておくと、
更地並みに固定資産税をかけますよ」
というものです。

 

ただ、この「空き家」というのは、
“相当に家が朽廃して、雑草が生え放題、庭から玄関までたどり着けないくらい”
の状態のことを指しています。
実際に誰も住んでいないというだけでは、
固定資産税は上がらないですよ。 

佐藤:
空き家で固定資産税が跳ね上がるというのは、
情報が独り歩きしている部分があるんですね。
相続した家が空き家になっているという方は、
私たちのお客さまにも多くいらっしゃいます。

 

空き家を持つ方への注意点を教えていただけますか。

 

粕谷社長:
@空き家をきちんと管理すること
A管理していることを周囲に知らせること
だと思います。

 

具体的には、植木などが隣や道路にはみ出ないようにするとか、
不法な侵入者が入らないように目配りをするとか、
台風の時にもの が飛ばないようにするといったことを、
定期的にチェックすること。
そして、近所に
「ここは空き家にしていますが、関係者はここにいます」
「ここの空き家の管理はこの不動産会社が窓口でやっています」
と知らせること。

 

空き家をお持ちの方には、この二つが重要です。

佐藤:
この二つをきちんとすることで、
空き家も荒れ果てないし、
固定資産税が上がることも防げるということですね。

 

でも実際には、相続したご実家が空き家の場合などは、
お気持ち的に足が遠のいてしまってきちんと管理できないということもあると思います。
御社では、空き家の管理もされていますよね。

 

粕谷社長:
はい。週に一度伺って、庭の草を刈ったり、
郵便物を回収して依頼者様に送ったり、
家の風通しをしたり、ということを行っています。

 

そして、
「この物件はうちが管理しています」
という看板を立てるので、
何かあったときは弊社に直接連絡が来る体制も整えています。

 

お客様には、月に一度、
写真を付けて状況の報告をしています。

佐藤:わぁ、かなり大変な作業ですね。
料金はどれくらいなのでしょうか?

 

粕谷社長:

状況にもよりますが、
管理料として月に8,000円から10,000円いただく場合が多いです。
弊社では、草刈機やチェーンソー、発電機まですべて自社でそろえて、
低額で管理サービスを提供できるように心がけています。

 

特に相続をした不動産だと、
いずれ売ろうと思っていても、
すぐにではなく、しばらくは思い出と一緒にありたいというご事情がありますから。

 

弊社もそこで利益を出そうとは思っていないんです。

 

佐藤:
そこまでしていただけると、とても安心ですね。
実際に、空き家管理をしてよかった!というお話を伺えますか?

粕谷社長:
はい。1年くらい空き家管理をしていた泉区のお宅があるんですが、
ようやくご家族の心が落ち着いたということで、賃貸に出すことになりました。

今、リフォーム工事をしているところです。
また、先月まで管理をしていた鶴見区のお宅は、
売却に向けて動き始め、今、買い手さんがついたところです。

 

どちらも、きちんと管理をさせていただいたことで、
賃貸や売却がとてもスムーズに進みました。

 

佐藤:
そっか!空き家をゆくゆく売却したり、
リフォームをして賃貸するといったときのためにも、
多少費用がかかっても、きちんと管理をしていた方が、
最終的にはコストが安くなることもあるんですね!

粕谷社長:
そうなんです。 空き家を何年も放置して草木が生い茂ってしまうと、
いざ売ろうというときの整地費用がバカにならないということもありますからね。

 

佐藤:

なるほど、勉強になりました。
そんなこんなで不動産談義に花が咲き、お話が尽きないため、
次号も引き続き、有限会社ヤマカプランニングの粕谷守克さまにお話を伺います。 

次号の、不動産を売る際のポイントについての対談はこちらからご覧いただけます。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU