相続手続きの内で年金に関する事例をご覧になれます

相続の相談実績5万9千件超(平成30年4月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

7月「相続の無料相談の実施日」
7/4(水) 5(木) 12(木) 13(金) 14(木) 17(火) 20(金) 22(日) 26(木) 31(火)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 実際にあった相続の事例集 > 年金と相続の実例集

年金と相続の実例集

下を押すと該当のページへ移動します。

遺族年金を受給する相続人の要件である生計維持と扶養家族の関係

役所で年金や保険の相続手続きをすませたつもりだった

主人公 亮子さん 60歳

関係者 隆さん(死亡した亮子さんの内縁男性)

未入籍の相手に先立たれた亮子さんの相続の手続き

亮子さんは60歳、
年金や保険について10年間夫婦同前に同居していた隆さんが亡くなり、
役所で相談して 相続の後の手続きを済ませた後に、
乗用車の名義変更の相談に見えました。

 

隆さんの長男の代わりに役所へ手続きに出向き、
国民健康保険証や葬祭料等の手続きをすませたとのことでした。
その際に、隆さんの未支給年金について役所の職員は
「長男は同居されていませんので、受給資格がありません。」
との回答だったとのことです。

現状を正しく把握しないと見過ごされる年金や保険

相続手続支援センターはこの点について、
見過ごしの可能性があると亮子さんに伝えました。
結論からいいますと、たとえ籍が 入っていなくても配偶者と同様の状況にあり、
生計を同一に 営んでいれば「未入籍の妻」として認められ、
未支給年金の受給資格があります。

 

親族関係だけの聞き取りであったり、
現状を把握する ことを行わないと受給資格該当無し、
という判断を されて見過ごされてしまうこともあります。

 

亮子さんも 同居していた立場ということで、
自身の「受給資格」については あまり意識していなかったのでしょう。
また職員も現状を 正しく把握ていなかったといえます。
遺族年金の受給資格がある人であれば、
「自分は 該当するのではないか?」
という意識があるので見過ごしは 無いはずなのです。

未支給年金は後払いなので注意

厚生年金も国民年金も後払いのために、未支給年金が起こることがあります。
たとえば2、3月分を4月に支給するというようなことで受給の権利と実際の支給にずれがあるため、
わかりにくくなることがあります。

 

また逆に年金受給者の場合は、
先払い制度のために還付されるものは介護保険や後期高齢者医療保険の保険料です。

 

支払われる年金から、
当月分と翌月分が徴収されますので年金支給月に亡くなられていれば、
先払い分の還付が払い過ぎとして戻ってくるのです。

見落としがちな相続のときの、還付の公的医療保険の制度

もうひとつ見落としがちなのは、
公的医療保険制度は1か月に一定額以上の医療費を支払った場合には、
超過分が還付されます。
これも払いすぎていても気が付かない場合が多いので気を付けましょう。
生前は役所より通知が来るのですが相続発生時には健康保険証も返還しているために、
医療機関からのレセプト請求が、
3〜4か月遅れて届くためチェックが漏れることがあります。

 

役所の窓口で相談しても、詳しく病気なのか、
事故なのかというような死亡原因まで職員がヒアリングしてくれるわけではありません。
手続きもれが発生することもあり、要注意です。

 

しかし亮子さんも役所で保険や年金についてすべて相談したと思っている為、
「相続後の手続きは終わっている」と思い込んでしまっていたのです。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU