遺産分割協議書の相談で評判の川崎の相続センターへ

相続の相談実績5万2千件超(平成28年6月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。

事務所の地図


MENU

MENU


HOME > 遺産分割協議書の無料相談

遺産分割協議書の無料相談

実は、遺産分割協議書の作成は、
簡単です。
相続手続支援センター川崎駅前

相続手続支援センター川崎駅前
支店長 佐藤絵里子

遺産分割協議書の作りかた、押さえる点は下の3点
まずは、この3点をしっかり踏まえれば遺産分割協議書は基本的に完成です。

相続人の方が、専門家の手を借りずにこの書類を整えられるでしょう。

  • 表紙に「遺産分割協議書」と記載する
  • どう分けるか協議した財産を記載する
  • 相続人全員の名前を記載、実印をおす
    (印鑑証明書も一緒にしておく)

 

遺産分割協議書を作る紙は、いわゆる普通のA4版コピー用紙でOK。

 

遺産分割協議書が複数枚になる場合も、立派に製本する必要などありません。

 

相続人全員の印鑑証明書と一緒に、複数枚にわたる遺産分割協議書をホッチキスで留めれば、大丈夫です。

よくある遺産分割協議書にまつわる勘違い

本や、ホームページなどで「遺産分割協議書」について調べると、
『作成はかんたんではない』
『遺産分割協議書は○○士(司法書士・行政書士など)に任せないとできなません!』
『遺産分割協議書の作成には、大変な手間がかかる』
などと、後ろ向きな内容を、少なからず目にすると思います。

 

せっかく時間をかけて、自分で何とかしようと思っているのに、
遺産分割協議書について消極的な気持ちになるのも、
遺産分割協議書の作成にから後回しにしてしまいたくなるのも、
仕方のないことかもしれません。

 

ご安心ください!
遺産分割協議書はかんたんです。
決してむずかしいものではありません。

 

そもそも、
この遺産分割協議書、
絶対に作成しなければならないものではありません。
なければ、ないでそれでかまわないのです。

 

銀行預金の解約や、名義変更の相続手続も、
銀行所定の用紙に、
相続人全員が記入し、実印をおせば、
遺産分割協議書を用意せずとも、
進められます。

専門家に依頼せず、
自分で遺産分割協議書を作成する方も多くいらっしゃいます。
「まずは自分で遺産分割協議書を作ってみました。チェックを頼みたい」
などとご相談される方も多くいらっしゃいます。

 

「できることなら自分で遺産分割協議書を作りたいけれど、
遺産分割協議書の作り方がわからない」
という方は、
遺産分割協議書の雛形をお使いになれば大丈夫でしょう。
たくさんのホームページから遺産分割協議書の雛形を手に入れられます。
「どの雛形がよいかわからない」という方は、
相続手続支援センタ川崎駅前の用意した、
遺産分割協議書雛形←こちらをお使いいただければ完成させられます。

見本として、遺産分割協議書を添付しました。無料でパソコンに移動できます

 

 

 

こちらの遺産分割協議書の「教科書」ページからは、
こんな場合どうする「遺産分割協議書のあれこれ」がわかります。

 

遺産分割協議書に関する事例集はこちらからごらんいただけます。

 

よくある遺産分割協議書のQ&A集はこちらからです。

 

例外として、次の事情をお持ちの相続人さまは、ご自身で作成するのではなく、
遺産分割協議書にくわしい人に頼んだ方がスムーズでしょう。

 

  1. 相続人が複数名いらっしゃり、不動産を相続している場合
  2. 相続人ごとに考え方がちがっていて、専門家による手続の進行を必要とする場合
  3. 相続税を支払う必要がありそうな額を相続した場合

 

ここから、その訳をお伝えさせていただきます。

1

被相続人さま名義の不動産を、相続人の一人に移転させたい(言い換えると不動産を相続しない方がいる)場合は、遺産分割協議書が必要です。
(例外:相続人全員が、法定相続分の持ち分で、不動産を共有名義にする場合)

1作成をすすめる遺産分割協議書の残した方がいいケース

たとえば、お父さまを亡くし、相続人になったのは、
長男と次男とお母さま(亡くなった父の妻)の3名だとします。

 

不動産の名義をお父さまからお母さまに変更するのでしたら、
遺産分割協議書が必要です。

 

3人が法定相続分通りの割合
(お母さま1/2、長男1/4、次男1/4)
で不動産を共有するのでしたら、
遺産分割協議書は不要です。

 

また、遺産分割協議書を作る過程である、
遺産の分け方の話し合いの際、
「不動産の価格をどう評価するか?」
がポイントになるときがあります。
それぞれの相続人の受け取る額に、影響するからです。

 

路線価、固定資産税評価、実勢価格など、
基準にしやすい項目は複数あります。
話合いですから、
「どの基準に従う」といった決まりはありません。

 

遺産分割について相談する専門家は、
当センターでなくてもかまいませんが、
相続の関係者全員に、遺産分割について、
わかりやすく説明してくれるかどうかをポイントに、
依頼するといいでしょう。

2

相続人同士が、遺産の分け方について、異なる意見をもっている場合、
遺産分割協議書を作成しましょう。

話し合いの結果を、遺産分割協議書という書面できちんと残しておくことで、
後々のトラブルを防ぐことができます。

3考え方の相違をまとめたら、記録しましょう。

とりわけ家族構成が複雑だったり、
相続人同士の感情がいきちがっている場合、
遺産分割協議書の存在が、後の「争続」を防いでくれるのです。

 

なお、遺産分割協議書の作成後、しばらくたってから、
遺産分割協議書に載せなかった遺産が見つかる可能性も否定できません。

 

そうしたときの対応についても、
遺産分割協議書に一筆付け加えておくことが求められます。

 

よくないのは、
深く考えずに、
遺産分割協議書の最後の一文に、
『なお、この協議書に記載されていない財産を分割する場合は、
相続人全員において別途協議するものとする。』
などと記載することです。

 

実際、
少なくない遺産分割協議書のひな型に使われたりしています。
(このホームページから手に入れられる遺産分割協議書のひな形も、
便宜上この表現を使っています)。
また、
このような記載を何も書いていない遺産分割協議書もよく見受けられます。

 

しかし、この最後の一文についてもよく考えた上で記載しないと、
トラブルを引き起こすこともあります。

 

こういった細やかなところまで配慮できる専門家に
遺産分割協議書について相談することをおすすめします。

3

相続税を税務署に申告する際、遺産分割協議書を付ける必要があります。

税金の申告も大事

正しく相続税を申告しないと、あとで追加の課税をされてしまうことがあります。
これを、追徴課税といって、延滞金もかかり負担が重くなりますので、要注意です。

 

実は、依頼する税理士によって、相続税の額は変わります。
変わるポイントは、
「相続人同士で、遺産をどう分けるのか」と「相続した財産をいくらで評価するか」
の大きく2つです。

 

ひとことで税理士といっても、いろんなタイプの税理士がいます。
医者にも内科・外科・歯科などの専門分野があるように、税理士にも専門分野があるのです。
会社の決算業務が得意な税理士よりも、
相続税を専門に扱っている税理士に、遺産分割の手続を依頼することをおすすめします。

 

また、税理士は、相続税の額が多いほど、報酬を増やす傾向にあります。
税理士報酬が下がることを承知で、
相続人の相続税額を下げること力を注ぐ税理士を探すことも覚えておくとよいでしょう。

遺産分割協議書を作るのを先送りしていると、こんな危険があります。
遺産分割協議書を、できるだけ早い段階で作成することをおすすめします。
時がたつと、記憶があいまいになりますね。

 

葬儀代や納骨にかかった費用など、
立て替えたお金、故人の生前、故人との間であった金銭のやりとりなど、
相続人同士での記憶が異なると、話がまとまりにくくなります。

 

一定期間経っても遺産分割協議をまとめられないと、
相続税の優遇措置を受けられず、
本来払う必要のない税金を納めざるを得なくなります。

 

早めにすべての相続人の同意を得て、遺産分割協議書を作成することで、
精神的なストレスはぐっと軽くなるはずです。

相続のこと全般なら、

相続の手続をサポートするプロが川崎駅前にいるのトップページへ

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、お気軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

0120-810-111

メール相談はこちらから

ページトップへ

MENU