遺言を書く時に読むページ/相続手続支援センター川崎駅前

相続の相談実績5万9千件超(平成29年12月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

12月「相続の無料相談の実施日」
12/2(土) 6(水) 7(木) 14(木) 15(金) 20(水) 24(日) 27(水) 29(金)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 遺言と相続の重要な関係 > 相談をするに際してのこと

相談をするに際してのこと

あなたは、次のいずれかに、当てはまりますか
  • 子どもがいない
  • 今の配偶者とは再婚で、最初の配偶者との間に子どもがいる
  • 婚姻関係にない女性との間の子を認知している。
  • 家族の中に、認知症の方がいる
  • 結婚していないが、内縁の妻と長年連れ添っている。
  • 財産のほとんどは不動産(マイホーム含む)で、現金・預金は少ない。

 

これらの項目に当てはまる方は、
ぜひ遺言の作成をおすすめします。
これらに当てはまる方が、遺言を遺さず寿命をまっとうしますと、
残された家族は、相続の手続に大変な苦労をすることになります。

それは、「家族の仲のがいい・悪い」「財産の多い・少ない」に関係次元、
法律の制度の関係で発生するのです。
くわしくは、
ここでは省略しますが、上に一つでも当てはまる方は、
必ず遺言を遺すことをお勧めします。

 

遺言について、少なくない方が、下の『 』ような遺言に消極的なことを口にされます。
けれど、『 』の次の行のように、それはもしかしたら、勘違いかもしれません

 

  • 『遺言を書くほど、うちに財産はない』
    預金が1万円でも1億円でも、預金の相続手続の負担は変わりません。
    遺言のあるなしで、相続手続の負担は全然違います、遺言があると、とてもスムーズです。
  • 『死んだ後のことまで知らない、相続人が決めればいい』
    自分の意思をきちんと主張しながらも、
    家族の主張と折り合いをつけて調整すること、多くの方は、これに対し、
    少なからずストレスを感じます。故人さまのご意思を遺言によって家族が知ることで、
    相続人はこのストレスから解放されるのとともに、
    故人さまの意思を知ることができたことに感謝します。
  • うちは仲がいいから、大丈夫。
    こう言う方がご健在だからかもしれません。他界されることで、
    今までいた方がいなくなるので、必ず何らかの影響はあります。
    家族を亡くし、何の影響もないはずがありません。
    仲のいい家族を仲のいいままにしておくためにも、きちんと意思を伝えましょう。
  • 死ぬことを前提としている遺言なんて不吉
    多くの方は、死ぬことの備えとして、生命保険に入っています。
    遺言も生命保険と、死ぬときの備えという点では同じです。
    お金を残すのが生命保険、気持ちを伝えるのが遺言です。
    なぜ遺言だけ不吉扱いなのでしょう・・・?
  • 法定相続分通りに分ければもめないだろう。
    まず、不動産に価格がないので、法定相続分を正確に価格計算できません。
    次に、たとえ不動産の価格に正解があったとしても、
    不動産を欲しいと思う人が複数いれば、不動産を分けることができないので、
    単純にはいきません。現金だけが財産なら、法定相続分でスムーズですが、
    遺産に不動産がある場合はそうはいきません。
    そして、もめないにしても、遺言がないと、相続手続には手間暇が多くかかるのです。
    相続人がい仕事を持っている方であれば、一苦労します。

家族が、故人さまのことで苦労したり、仲たがいするのはとても悲しいことです。
家族への最後のラブレターとして、遺言を書き、
ご自身の思いをきちんと伝えてみてはいかがでしょうか。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU