相続の手続きの小冊子を相続手続支援センター川崎駅前が進呈

相続の相談5万6千件超(平成29年8月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

9月「相続の無料相談の実施日」
9/4(月) 5(火) 8(金) 9(土) 12(火) 14(木) 15(金) 18(月) 19(火) 23(土)26(火)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 限定30冊、相続手続の小冊子が無料

限定30冊、相続手続の小冊子が無料

最初の30名様のみへのご提案です。定価1,000円のところ無料で手にできます

 

(書店では、この小冊子を手に入れることはできません。)

 

部数に限りのあるため、
川崎市と東京都にお住まいの方に限定のご提案です。

 

「相続の手続、何からはじめていいのかわからない・・」

 

「兄弟や姉妹などの相続人同士でどう話をしたらいいのか迷う。」

 

「自分で知っていることもあるけれど、必要な相続手続をチェックしたい」

 

 

 

 

これで安心 15分でわかる!相続手続ハンドブック▲「これで安心 15分でわかる!相続手続ハンドブック」

 

 

このようにお感じになったり、お考えの方は、
ぜひ、『これで安心 15分でわかる!相続手続ハンドブック』
を手にされてみてください。

 

この小冊子をお読みになると、

 

 

 

  • あなたが、やらないといけない相続手続は何か?
  • まず、しないといけないことは何か?
  • 専門家に依頼したほうがいいのか?それとも、自分で進めるべきか?
  • 専門家に頼むとしたら、どこがいいのか? 見分ける方法は?
  • 相続した財産の分け方で、相続人同士の意見が異なった時どうすればいい?
  • お亡くなりになった方が、借金をしていたことを知ったらどうしたらいい?
  • 遺言書がみつかったら、まず何をすればいいのか?
  • 知らないと、お金をもらえない相続手続、余分な支払をすることになってしまう相続手続とは?

などを、とてもかんたんにご理解いただけるはずです。
はじめて相続の手続きに直面なさっているという方に向けての小冊子です。
法律用語を使わないように書いてあります。
ご安心して、読み進められます。

 


その一部をご紹介します。

 

第1章 後悔しないために、気をつけておきたい注意点

 

はじめに、相続手続にまつわるよくある相談事例をお話しします。
Aさんの場合/相続人をきちんと調べないまま財産を分配
この度、夫が亡くなりました。
夫が遺してくれた財産は、
定期預金1500万円と築30年になる自宅です。

 

私は高齢で、2人の子どもはそれぞれ大阪と名古屋に住んでいます。
葬儀後、子どもたちと話し合い、父名義の定期預金をそれぞれ500万円ずつ分配し、
自宅にはそのまま私が住みつづけることにしました。

 

子どもたちはそのお金を住宅ローンの返済に充てたようです。
ところが、ある日、見知らぬ名前の差出人から封書が届きました。

 

続きはガイドブックでごらんいただけます。

 


 

ガイドブックのお申し込みはカンタンです。 

今すぐお申込みをどうぞ! 

 

申し込み方法は2つあります。 

 

1.お電話にてお申し込み

 

 

 

 

 

 

2.入力フォームをご利用にてお申込み

 

入力フォームは一番下にあります。 

 

読者の方からこんな推薦文をいただきました! 

 


 人が亡くなるということは大変 

人が亡くなるってことはこんなにも大変なことだと実感しました。
それに、相続ということがこんなにも大問題だとは思いもよりませんでした。
相続するものが大きければそれはそれで大変。
隠れた財産が出て来るのも大変、
出て来たものが負の財産であればそれこそ大変。

 

この冊子を読んでそれを実感しました。
幸い堅物の親だったものですから、
面倒な財産は出てきませんでしたが
案の定と言うか 悲しいことに親族間のごたごたが出て来ました。

 

金は人を変えてしまいますね。
出来るだけゴタゴタを引きずらない様にしようと思っています。
親が亡くなるまで、相続とは全く縁がないと思っていました私ですが、
この小冊子のお陰で少しずつ見えて来たような気がします。
ありがとうございました。

 川崎市幸区在住 60代 会社員 

間野 洋平さま(仮名) 


 

相続を専門として信頼してお願い出来る専門家をどうして探し出せば良いだろう 

 

早速ハンドブックをお送り頂き有難うございました。
貴センターの事はウェブで知りましたが、
当初の私の探しています事は、

相続を専門として信頼してお願い出来る専門家をどうして探し出せば良いだろうか、
と云う事です。

 

今迄、司法書士、税理士さん達と接する機会は殆ど有りませんし、
まして相続についての機会もありませんでした。
私自身の相続の問題がどの位先の事かは分りませんが、

そんなに若い訳でもありませんので、
いずれ貴センターにご相談に伺わせて頂く事になるかも知れません。

 

ハンドブックは頂いて直ぐに読んでしまいました。

分りやすく、そしていつ自分に関わる事かも知れないので、
準備して揃えられる資料は確認して置きたいと考えています。

 

家内にもこのハンドブックを読んでもらい、
私との情報を共有化して戸惑う事のない様にしたいと思います。

どうも有難うございました。

 


川崎市川崎区在住 60代 会社員

戸波 充雄さま(仮名) 


 

 

 

前略 早速小冊子2冊お送り頂きながら
お返事が遅れて申し訳ございません 。
“真心には真心で応えよ”と自分のモットーとして
今日まで生きて参りましたのにこの小冊子を読ませて頂き、
内容の節々にその真心を感じていながら
今日までお返事が遅れて、大変申し訳なく思っております。

 

実はこの冊子は、茨城に住んでいる長女に読んでもらいたく私が依頼したのです。
私が数ヶ月前、終活セミナーを受けた時
「私と離れて生活している長女(次 女を亡くし、
今は子一人)に全てを託さなければならない相続のことで
私が生きている内に何か出来ることがあればまとめておきたい」と思うようになり、
まず自分が勉強しようと思い、そんな矢先貴社のことを知りました。

 

私は52才で夫を亡くし、当時教員だった(54才)夫の勤務先の学校で
全て面倒見て下さったので、相続のことも全然記憶にありませんでした。
今思うと無能な自分に恥ずかしくなります。

 

長女は時々「誰もがやっていることだからその時はその時、頑張る」
と言っていますが、この冊子を娘に読んでもらい、
あるいはいつか一度佐藤様を娘と訪ねられたら幸せに思います。
娘は今46才、2人が一緒に住んでいないのでいざとなると一人でこの相続手続きの件、
期限内に終わらせられるか心配になります。
私はその時を見届けるわけには参りませんが、娘と話し合ってみますので…。

 

取り急ぎ御礼まで。


川崎市川崎区在住 70代女性 無職

茅野 里美さま(仮名) 


 

下記の入力フォームに必要事項をご入力の上、「入力内容を確認する」ボタンをクリックしてください。 

通常、2営業日以内にこちらからご連絡を差し上げます。

お名前
(必須項目)
例:山田 太郎
お名前フリガナ
(必須項目)
例:ヤマダ タロウ
電話番号
(必須項目)
- -
例:03-4567-8910
FAX番号 - -
例:03-4567-8910
住所
(必須項目)
郵便番号: - 例:012-3456
都道府県:
市区町村以下:
例:千代田区1-1-1
建物名:
例:ABCビル101号室
メールアドレス
(必須項目)
例:yamada@example.com
※確認のため再度ご入力ください
ホームページを
知ったきっかけ
Yahoo! で検索して
Google で検索して
ブログで
フェイスブックで
  その他 :

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、お気軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU