相続の手続を相談する専門家の探し方の秘訣を相続手続支援センターが教えます

相続の相談実績5万6千件超(平成29年10月現在)全国41支部の日本最大級の相続組織だから安心

  • ↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

  • 0120-810-111

11月「相続の無料相談の実施日」
11/3(金) 7(火) 7(土) 10(金) 11(土) 16(木) 17(金) 21(火) 26(日)

※これ以外の日や、土日もご利用いただけることがあります。お電話でご希望をお伝えください。

「預金解約の手続の代行」「疎遠な相続人への手紙の作成」「認知症の相続人のいる場合の手続支援」
「戸籍の収集・調査」「相続税のこと」「財産調査」「不動産の名義変更」など、相続のことを何でもお任せいただけます。


MENU

MENU


HOME > 相談する専門家の探し方

相談する専門家の探し方

大きく2つの基準と、この2つの基準を満たすかどうかのポイントを、
専門家の選び方としてご紹介させてください。
「どの専門家に依頼すればいいかわからない」
こんなときは、ぜひ、下の基準とポイントで専門家を選んでいただければと思います。

この人に相続手続に関する自分のプライベートな内容を話してもいいと思えるか

チェックポイント1 相続手続専門の相談員がいること

これは、意外かもしれませんが、いちばん重要なポイントです。
相続専門相談員がいてはじめて、相続手続の総合サービスを提供できるからです。

 

ここでいう、相続手続専門相談員とは、
司法書士・税理士・弁護士・行政書士のことではありません。
これら専門家は、相続の専門家ではなく、相続の内のある一部の業務の専門家です。


一部に特化しているからこそ、専門性の高いサービスを提供できるのです。
専門外のところにまで手を広げると、専門家ではなくなってしまいます。
「司法書士なら、不動産登記」
「税理士なら、相続税の申告」
「行政書士なら、遺産分割協議書の作成」
「弁護士なら、遺産分割調停」
です。

けれど、
相続手続は、むしろ、○○士といわれる、
国家資格者が扱う相続手続以外の方が多いのです。
預金の解約、クレジットカードの解約、
生命保険・火災保険の手続、株・国債などの保管口座の手続、
数えだせば、全部で相続手続は約90種類にもなります。

 

この中から、どの手続があなたに必要かを診断し、
その手続を確実に進めていくには、特定の分野に特化した、
国家資格者ではなく、すべての相続手続について広く把握している、
相続専門相談員が必要なのです。

 

相 続相談員の必要性はほかにもあります。
相続手続をきちんとすすめていくには、進行・調整役が必要です。
司法書士・行政書士・税理士・弁護士、
土地家屋調査士・社会保険労務士・不動産業者など、
相続手続はチームで進めていくものです。ご家族によっては関係専門家が多数に上ります。

 

このチームメンバーをまと め、調整する役目の人間がいて、
初めて、相続手続を順調・確実・安心に進めていくことができます。

オーケストラの指揮者が調整役となり、
各楽器(専門家)を指揮することでオーケストラを成立させられるのと同じです。

 

国家資格者以外に、相続専門相談員をおいているのか、
きちんと確認されてから、依頼するといいでしょう。

チェックポイント2 相続の相談実績と、相続手続の経験が多いこと

相続専門相談員の大事な役割は、まず、どの手続が必要か診断し、
つぎに、それを国家資格者らと分担して進めていくことです。
これを実現するには、豊富な相続の相談・手続実績の件数が必要です。

 

月に、数件、年間でも10件や20件程度、
過去数年を合わせても、100件程度の実績では、あまりに経験不足で知らない手続、
不得手な手続が多いと予想でき、不安です。

 

依頼する専門家を選ぶ際には、
過去の実績の明確な数を聞いてみるといいでしょう。

チェックポイント3 全国的な組織であること

チェックポイント2でお伝えした、相続の相談実績数と相続手続の経験が多いのは、
一般的に、全国的な組織です。

 

全国的な組織で、全国各地の支部・支店のメンバーが集まり、
年に複数回・毎年定期的に研修や情報交換をしているところであれば、
さらに任せるに安心の組織でしょう。

 

また、
全国的な組織であると、
「お亡くなりになった方の不動産や預金口座が遠方にある」
「相続人の内の一人が遠方にすんでいて、
認知症を患っている。遠方の裁判所で手続がいるなあ。」
といったときなどでも、しっかりとしたサービスを受けられるでしょう。

▲ ページの先頭へ

専門家というよりも、一人間として、相続を任せてもいいだけのひとかどうか

インターネットやチラシによって相続の専門家を見つけたとき、
その専門家(事務所)が本当に信頼できるかどうか、まだ不安を覚えるか、気になり、
「この人なら大丈夫!」
という後押しを欲しいと感じることがあるかもしれません。
ここでは、専門家を信頼できるかどうかの5つのチェックポイントをお伝えします。

チェックポイント1 手数料の見積りを契約前に確認できる

必ず、
手数料の計算書・見積書を相続手続の依頼前に、
見せてくれる専門家を探しましょう。

 

相続手続を依頼したのち、
あとで法外な手数料を請求されても、
場合によっては支払わざるを得なくなってしまいます。

 

相続を扱う人によっては、
何らかの理由をつけて、
手数料の見積りを出し渋ることがあるようです。
こういった場合は、
依頼をする相手としては危険信号がついていると言えるでしょう。

 

もし、どうしても見積書を事前に提出してくれないところがあったら、
「なぜ見積書を提出してもらえないのか」
その理由を確認し、
その回答に納得してから依頼するほうがよいでしょう。

 

相続手続支援センターでは、
司法書士・行政書士らいわゆる士業の手数料、
実費も含む、
すべての手数料の詳細見積りを、
相続人様にご覧頂いています。

チェックポイント2 相続手続の工程表を共有できる

相続手続の工程表を、
専門家と共有することはとても重要です。

 

いつ、相続手続の何がどの程度進む予定で、
どのくらいの時期に、
すべての手続が完了するのか?
工程表がないと、これらを把握できません。

 

工程表を出さないと言うことは、
スケジュールの約束をしていないということで、
約束した他の仕事のあとまわしにされてしまうかもしれません。

 

また、いったい、
いま、どの程度相続手続がすすんでいるのか、
自分たちは、どの段階で、
次に何をすればいいのか?

 

これらを知らないと、
不安を募らせてしまいます。

 

相続人が複数いらっしゃるご家族ですと、
相続手続の後、
遺産を何かのあてにと考えている方もいるかもしれません。

 

 

相続手続工程表を、
専門家と共有しておくことで、
安心することができます。

 

自分たちの相続のスケジュールをあらかじめ把握できるのはもちろんです。

 

さらに、

工程表を出したからには、
専門家は、
それにしたがって、責任感を持って相続手続をすすめようとするはずです。

チェックポイント3 遺産分割協議にあると助かる資料をまとめてくれる

遺産分割協議の際、
あると話合いをスムーズに進められる資料は、
相続財産の目録です。

 

遺産分割協議は、
相続財産をどう分けるのか?
の話合いです。

 

分ける対象に、どういった財産があって、
それはどのくらいの価値なのか?
を把握しないと、
話合いをはじめることもできないこともあります。

「このほかにも、財産があるはずだが・・」
「少なすぎやしないか?」
相続人の一部に情報がかたよったり、
相続人の一人が作った財産目録を元に話を進めようとすると、
このような会話になってしまうことがあります。

 

専門家が、
きちんとした、
相続財産目録を作成してくれれば、
自分以外の相続人にそれを見せることができます。
遺産について説明することも、
ない場合に比べはるかにスムーズです。

 

相続人全員が、同じ情報を持つことで、
遺産分割協議というデリケートな話合いも、
円満にすすめられます。

チェックポイント4 ご依頼者からの評判の声の資料を見られる

相談する相手、相続手続を任せようと検討している専門家、
この方がどんなサービスを提供しているのか?

 

これを一番よく知る方法と言ってもいいのが、
以前に、サービスを利用した方の、
感想、声、評判でしょう。
きちんとした専門家であれば、
過去のお客さま、ご依頼者からの声をもっています。

 

なぜなら、それを、
サービス向上に生かそうとしているからです。

 

専門家に
このアンケート、評判、手紙などを見せてもらいましょう。
きちんと見せてくれるところほど、
安心できるサービスを受けられると思います。

チェックポイント5 相続相談員の顔を確認できる

依頼するにあたっては、不安なこと・わからないことがたくさんあると思います。
中には、
「こんな初歩的なことを質問して、バカにされないだろうか?」
「笑われたりしないだろうか?」
と心配している方もいらっしゃるかもしれません。

 

まして、相続手続はお金のこと・家族のことなど、
とてもデリケートな話題に及びますから、
すべてを打ち明けていただくためには、
お互いの心を十分に開かなければなりません。

 

けれど、
初対面の見ず知らずの人に、これらをするのは、抵抗を持つかもしれません。

相続手続支援センター川崎駅前は、次のように考えています。

 

相談する相手がどのような人か、
名前だけでなく、人柄までわかれば、相談しやすいと思いませんか。
性格まで知ることまではできなくても、
考えかたの一部や顔写真を見るだけでも、不安は軽減されると思います。

 

そのためには、
これらを公開している専門家を選びましょう。

追伸 「これは、ちょっと気になる」「我が家のケースの場合、どうなのか?」などと思われる方も、おき軽にご相談いただけます。 相談は無料です。

「なぜ無料で相談に応じるのか?」と聞かれることがあります。

まずは、あなたに相続手続支援センター川崎駅前がどんなところか、

知っていただきたいからです。

 

無料相談をご利用のあと、

相続手続をご依頼いただければうれしいことです。

とはいえ、ちょっと無料相談して、

お帰りの方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは、それでも無料相談を続けようと思います。

 

川崎市に、「相続手続支援センター川崎駅前」

という専門家組織があるということを、

多くの方に覚えていただき、

これが何かのご縁につながることもあると思っているからです。

 

まずは、頭の中を整理するためにも、

お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

 

と、いくら申しましても、「自社が自分で言っている話だから・・」

と思われるかもしれません。

けれど、「相続手続支援センター川崎駅前」の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中 24時間 土・日・祝日も受付中!! 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。(携帯電話からもつながります。) 0120-810-111

↓ここを指で押すだけで、電話をかける画面を立ち上げられます。

0120-810-111

メール相談はこちらから

無料相談受付中


ページトップへ

MENU