確定申告無料相談会でのできごと

梅雨入りしましたね。
とはいえ、今日もおひさま燦々で気持ちのいい一日です。

さて、前回のブログでは、
税務署から公表された、マイナンバー申告状況についてお話させていただきました。
確定申告書にマイナンバーを申告した人の割合が、「予想以上に高い!」と思ったお話です。

なぜ、そう感じたかというと…というところから、今日はお話します。

毎年、確定申告の時期になると、
税理士は、市区町村主催の「確定申告無料相談会」に駆り出されます。
ちょっと言葉がキレイでないですね(笑)
相談会に出張します。

行かれたことがある方もいらっしゃると思いますが、
確定申告の相談会は、それはもう、とにかく、混んでるんです。
朝の開始時点で100人近く並んでいるなんてことも、めずらしくありません。

その「激混み」の中、
来られた方の確定申告書をその場で作成するのが、われわれ税理士の役目です。

いくら本職とはいえ、
いかにスピーディーに、かつ、もちろん正確に。
さらに、(長くお待ちになってお疲れであろうから)とびきり気持ちのいい対応で。
というのは、なかなか簡単ではありません。

それに加えて、今年はマイナンバー!
今年はいつもより大変だなぁと思っていたところ、
相談会を取りまとめている税務署の方が一言。

「マイナンバーはこだわらなくていいです!
持ってきていない人も、そのまま申告しちゃってください!」

なーんだ、
税務署もマイナンバーに一生懸命じゃないんだ。
と思ったわけです。
大きい声では言えないですけどね(笑)

そんな印象のマイナンバー。
ふたを開けてみれば、意外にみなさん、きちんと申告していたのですね。

«
»
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。