故人さまが想われない相続は悲しいものです

ちょっと重たいタイトルですね。
今日は、相続の、ネガティブな部分のお話です。

相続に携わる仕事をしていて、
ひとつだけ、「嫌気がさすこと」があります。

それは、
故人さまが偲ばれない、想われない相続に出会うときです。

先日、税理士の仲間が集う機会がありました。
そこで、知り合いの税理士から聞いた話が、
まさに!「嫌気がさす」話でした。

その税理士さんは、依頼者Aさんから、こんな依頼を受けたそうです。
「故人さまから遺言で譲り受けた不動産を売りたいので、そのサポートと税金の申告をしてほしい。」

ここまでは、いたって普通のお話です。
税理士さんがさっそく仕事にとりかかったところ、
こんな手紙が届きました。

送り主は、その故人さまが最期を過ごした施設の弁護士さん。

そのお手紙にはこんなことが書かれていました。
「故人さまは、遺言を遺しており、
その遺言には、”すべての不動産を施設に寄付する”と書いてあります。
不動産はAさんのものではないので、
手続きを、即刻中止してください。」

そして、その遺言書のコピーが同封されていました。

さてさて、どういうことでしょう。
このお話は、次回に続きます。

«
»
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。