遺族年金の手続きもれが判明!

今日は、地元名古屋のお客さまを訪問した際の
お話です。

このお客さまのことをIさんと呼びますね。
Iさんは、1年半前にお父さんが亡くなり、
いまはお母さんとIさん家族で生活をしています。

さいきん、Iさんのお母さんが、
すこーし認知症気味になってきました。
Iさんは、お母さんの預金通帳の管理を任されているので、
「一度お母さんの通帳をきちんと整理しなくちゃ」ということに。

そこで、
わたしもお手伝いしながら、
お母さんの通帳を見ていったのですが…

通帳を見ていて、あれ?
「お父さんが亡くなっているのに、遺族年金が振り込まれていない…」

お父さんが亡くなられたのは1年半前。
当時は、相続の手続きでてんやわんやしておりました。

わたしもIさんも、
遺族年金の相続手続きは、
てっきりお母さんが済ませたものと思っていました。
それがどうやら手続きしていなかったようです。

とりあえず、
年金事務所に電話して問い合わせてみました。

わたし
「●●(お父さんの名前)の遺族年金の手続きをしていないような気がするのですが…
念のため確認していただけますか?」

年金事務所
「はい、確認しました。
手続書類が届いていないので、遺族年金を払い出せずにいます。
配偶者の方の名前を教えてください。」

わたし
「●●(お母さん)です。」

年金事務所
「間違いないですね。書類をいただいていないので、手続きしてません。」

(わたしの心の声)
いやいやいやいや、そうですけど…。
そこまで把握しているなら1年半もほったらかしにしないでよ…。
教えてくれたっていいじゃない…。

わたし
「書類を紛失してしまっているようなので、もう一度いただけますか?」

年金事務所
「はい。」

う・・・なんという事務的な!!!
まぁ、手続きを失念していたこちらがいけないのですけどね。
それにしたって!ぶつぶつ。

と、Iさんと文句を言いながらも、
結果的には、お母さまの通帳を確認したことで、
こんな事実が判明してわけなので、
まぁ、よかったとしなくちゃね。

«
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。