「全然」ということばの使い方

ゴールデンウィークの陽気とはうって変わって、
今週は、しとしと雨からスタートです。

今日は、なんだか最近気になってしまう、「全然」という言葉について。

もう、気になっちゃって仕方ないんです!

なにが気になるかというと…
「全然大丈夫!」とか「全然いける!」という言葉が、
市民権を得ている(?)こと。

たしか学校で習ったのは、こんな感じだったと思います。

「全然」という言葉は否定を表すもので、
「全然~ない」というように、必ず「ない」という言葉がセットになる。

「全然痛くない」「全然眠くない」まぁ、こんな感じですよね。

それが最近、「全然大丈夫!」「全然おいしい!」といった、
「全然」+肯定語を、本当によく耳にします。

テレビを見ていても、タレントさんや芸人さん、
先日はなんとテレビCMでも、こういった言葉の使い方をしていました。
これは明らかに、間違った言葉の使い方です。

こんなことがいちいち気になってしまうなんて、
わたしも変わり者かもしれません(笑)

でも、間違った言葉をテレビで伝えるのはいかがなものかと思ってしまうのです。
タレントさんや芸人さんに「ただしい日本語を話せ!」というのは、
ちょっとお門違いかもしれませんが、
やっぱり影響力のある立場なんですから、
言葉の使い方に気を付けていただいたいなぁと思います。
そしてテレビCM!
間違った言葉を使う意味がわかりません。

そういうわたしも、
うっかり「全然大丈夫」なんて言ってしまいそうなことがあります。
言葉というには、つられやすいもの(笑)
だからなおさら、みんなで正しい言葉を使いたいですね。

«
 

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。