アーカイブ: 2014年3月

家族写真に秘められた家族の絆

人は誰でも、家族を支え、支えながら生きています。 それに気づいていれば、相続の現場においても、揉めることはないのだと思います。

昨日、親友の結婚式に参加しました。
都会の喧騒を忘れさせる、日本庭園がすばらしい会場でした。

友人である新婦は、強烈な雨女!でしたが、
この日ばかりは、お日様も桜も、二人を祝福するかのように最高の演出をしてくれました。
“家族写真に秘められた家族の絆” の詳細は »

本日お越しいただいたお客さまからの嬉しいお言葉

私たち相続手続支援センターの社会的使命を実現するのは、人の心です。それを実感したお客様の一言がありました。

本日、お越しくださったお客さまからの、嬉しーいお話です!

そのお客様は、先月、無料相談にお越しになり、
相続に必要な書類収集のお手伝いからスタートしました。


“本日お越しいただいたお客さまからの嬉しいお言葉” の詳細は »

月刊雑誌の「日経マネー」に掲載されました!

相続不動産の名義書き換えについて、相続手続支援センターの記事が、日経マネーに掲載されました。

日に日に日差しが柔らかくなり、
春の訪れを実感できる毎日になりました。

3月をあらわす「弥生」とは、
「いよいよ生い茂る」という意味が語源だそうです。
まさに、草木が芽吹くこの季節、
春が来るというだけで、どうしてこんなにわくわくするんでしょう。


“月刊雑誌の「日経マネー」に掲載されました!” の詳細は »

川崎の事務局でかけている音楽

父を相続する日がいずれくるだろうけれど、思い出の品があるとうれしい。

きょうは、
佐藤(健)が投稿しています。

相続手続支援センターの川崎駅前のオフィスでは、
業務中にリラックスを促進させるような音楽をながしています。
“川崎の事務局でかけている音楽” の詳細は »

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。