アーカイブ: 2013年12月

遺言は家族に送るラブレター

遺言は、残された家族へ確実に想いを託す場でもあります。 遺言を書く方にはぜひ、遺言を家族へのラブレターにしていただきたいのです。

遺言書に「付言」というものがあることをご存知ですか?

付言とは、
呼んでそのもの、「付け加える言葉」です。
遺言書の最後に、自由に想いをしたためた文章が付言なのです。

この遺言書を書いた背景や家族への感謝の想い、
老後の面倒を見てくれたお嫁さんへのねぎらいなどなど・・・
まさに家族へ送るラブレターです。
“遺言は家族に送るラブレター” の詳細は »

相続と事業承継についての体験について

個人事業主をされている方には、必ず、遺言書を残していただきたいと思っています。事業用の財産は跡継ぎの方へ相続させる旨を遺言書に記しておけば、お手続きがスムーズです。

先日、すべての相続手続きが完了したお客様は、
歯科医院を営んでいるご家庭でした。

亡くなられたお父様は、現役の歯医者さん。
実質は、跡継ぎの息子さんが歯科医院を経営していましたが、
『個人事業』としての事業主は、お父様でした。
“相続と事業承継についての体験について” の詳細は »

川崎の相続手続支援センターで相談を実施中です

女性が相続の相談員だったので、安心して話ができたとおっしゃってくださる方が多いです。